2013年07月18日

もうすぐ選挙

参議院選挙の投票が
もう3日後にせまてしまった。

このまま自民党の圧勝なのだろうか?

派遣やパートの非正規雇用が増えて
生活が安定しない人が多い中
今度は、
正社員まで金銭処理により解雇できるようにしようともくらむ自民党。
東電問題もあいまいにごまかし
原発も再開...福島がまだ先も見えてないのに...

金持ちだけに金が集まり
サラリーマンの、平凡な家庭の子は使い捨て 
そんな社会になりそうで

不安なのだ


憲法も
憲法改正条項の96条ばかりクローズアップしている。
自民、みんな、維新
とりあえず96条改正だと
以前のテレビ番組で仲良く口をそろえて言っていた。

権力者たる人間が都合よく改正できるように
改正条項を緩和する。

権力者の都合がいい...
まるで、
第二次世界大戦前のドイツのみたい...。

「ファイブ!!ヒトラー!!」
なんてことみたいに
色々な自由がなくならなければいいけど...
ユダヤ人の大量虐殺...


怖いなぁ...
ラベル:選挙 参議院
posted by まめぞう at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

レーダーを照射されても中国と関係改善するの??

昨日の夜から
ずっと海上自衛隊の護衛艦が
中国海軍のフリゲート艦から
レーダー照射されていたことがニュースになっている。
レーダー照射されたといことは
いつでも砲撃できるということを意味することになるらしい。

これでも
中国との関係改善が必要なのだろうか?
昨年には中国の日系企業の財産が破壊され
それでも日本の行動が悪いと中国国内で正当化されていた。

次は、日本領海を警護している海上自衛隊護衛艦が
レーダー照射された。

ここまでされて
それでも改善すべきなのだろうか?

中国での経済的利益を得んがために
何でももかんでも飲み込んで、中国が欲しがるものは
何でも提供しろとでも言うつもりなのかだろう??

中国国民が
暴徒と化して日系企業に襲いかかったのは昨年だ。

そんな中で今でも中国に進出している企業は
どうやって自社従業員を守るつもりなのだろうか。
中国のフリゲート艦が、もし砲撃していたら
海上自衛隊護衛艦が爆撃されていたら、
どうやって自社社員を
人質されずに日本に帰還させるつもりだったのか
各社に聞いてみたいものだ。



中国と相対するとき
年配の方々ほど、『甘さ』というか
負い目のようなものを感じる。

太平洋戦争の戦後処理はもうすでに済んでいる。
その内容に納得がいかないならば
納得できない内容で調印した自国政府に責任を問うべきで
他国に八つ当たりするのはお門違いだ。

もう...自分が生まれていない過去の戦争で
いつまでも加害者として扱われるのも少々うんざりだ。


自衛隊については賛否があり
私も複雑な問題をはらんでいると考えているのに
中国の行為を見ると
いざ自国が攻撃をしかけられると
これほど怒りを覚えるものなのだと分かった。

「消えてほしい」
こんな感情よくないのに...

別の方向から考えるか...


まずは
食料を自給率をあげなければ、日本産を食べよう。
生活の中で中国産、中国製に頼らないことが
関わり合いを少なくする最善策だろうから
これまでどおり高くても日本産、日本製(^−^)
頑張るぞ!!

やり返すことを考えると
腹の中が真っ黒になるから

生活の中で日本を支えて
そして、自分の周囲から中国、韓国製を消していけば
日本にとっての重要度は下落するだろう...
まずはここから(*^−^*)
ラベル:日記 政治 社会 中国
posted by まめぞう at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

大阪市立桜宮高等学校

桜宮高校の体罰問題で
普通科以外の2科の今期の受験中止が問題になっている。

正直、今出てくる情報では
どっちが正しいのか判断しかねる。

受験中止は困ると言っていてる受験生や親が
いることも報道で知っている。
ちょっと、親としては怖くないのかなぁって思う。
自分の子どもが体罰や、見せしめの対象にされても
後悔はないのかなぁって…

橋下大阪市長の言葉も
ちょっとキツイのではと思う気持ちもある。
『大阪の恥』って言葉がさすがにね...
色々な考え方があると思うので。

それでも
傷害事件が発覚した以上は
体罰という名でごまかすのではなく
なぜ、教育の場で起きたのか、
再発させないためにどうすべきか、
しっかりと厳正に対応する必要があると思う。
教師による暴力の方が
ある意味で『いじめ』よりもはるかに性質が悪いから...。

posted by まめぞう at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

理由はどうあれ刑法の構成要件を満たせば犯罪。

昨年12月に
大阪市立桜宮高校の男子生徒が、
部活動の顧問から受けた体罰を苦に自殺した報道を見た。
男子生徒の遺体は、
体罰によるものの跡があり
親が当該顧問にその傷をみせたとの報道もあった。

その報道を見て
もう指導の域を超えているじゃないかと思った。
刑法の傷害罪の規定に
指導者の指導によるものなら罰しない。
子ども(生徒)の遊びの延長ならば罰しないという規定は
ないはずだ。

正直に書くなら
体罰の可否はよく分からない。
ある程度の肉体的指導は致し方ないと思う面もある。
私自身、親や教師にたたかれた経験もある
だが、怪我をさせられたことはない。
少なくとも教師にあざを作られた覚えはない。
そういう意味では
私のであった教師は加減ができる指導者だったのだと思う。


どんな理由があれ
相手に怪我を負わせたのならば
刑事的にも民事的には責任を負うべきだと思う。
大人が、生徒の見本たる教師が
指導という名の下に怪我を負わせるほど暴力を肯定したら
理由があれば他人を傷つけてもいいと認めることになる。

そんなことをしたら
生徒間の暴力、いじめなどなくなるはずがない。


そして
もし大阪市立桜宮高校で
体罰という名の暴力を隠ぺいしようとしたならば
その行為自体も犯罪として立件し厳正に処分すべきだろう。


大阪の教育委員会も
臭いものに蓋ではなく
この件を率先して解決し
今後のこのようなことが起きないように
生徒のためにも教師・指導者の質をあげて欲しいと思った。
教育委員会は教職者を守るためでなく
生徒の教育環境を整えるために存在して欲しいと思った。
posted by まめぞう at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言物申す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

新春のニューイヤー駅伝、箱根駅伝
それぞれのドラマがあり、応援する選手、団体があり
思いはそれぞれだったと思います。
私は柏原竜二ファンだったので
昨年までは東洋大学を
今年は初めてニューイヤー駅伝を気にしてみました。

柏原選手は卒業してしまったけど
それでもやっぱり気になるのは箱根の山
選手たちはどう強風に立ち向かうのか...
見ていてドキドキしながら
いろいろなドラマを見つめた2日間でした。

色々な結果を踏まえて
最後の監督たちのコメントがとても耳に残りました。

多くの大会で準優勝が続き
己にも怒りを込めて話す東洋大学・酒井監督。
泣きながら
落ちるところまで落ちなければ
今のままでは勝てないと話す早稲田大学・渡辺監督。

勝つために
4年生を差し置いて3年生を主将に据えて
生活から何から見直して力をつけた日体大。

今年一年を良い年にするため
私も自分のあり方に泣き言をいうのではなく
しっかりと力を蓄えて堅実に進むための年としたいと思います。

頑張るぞ!!
改めて、本年もよろしくお願いします。
ラベル:日記 陸上 箱根
posted by まめぞう at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

TTP...何故ここの国と個別に結ぶのではダメなの??

ついに解散…

何故、
TTPの交渉から加盟にこだわる必要があるのだろうか??
正直、これはムリに加盟せずとも
これまでのように個々の国と個別に
交渉して条約を結んでいけばいいのではないだろうか。

正直、民主党が分からない。
与党になって...きっと献金も多いのだろう。
企業からも少なくはないだろうし...
財務省とパイプが太い...『太い』と言われる野田総理。
裏に何があるのか...
深く考えなくても見えてくる・・・

挙句に
中国、韓国とのFTA(自由貿易地域)の協定など
何を考えているのか分からない。
日本領土・領海を侵略しようとする中国、
先の尖閣諸島問題で日系のスーパーを奪略し、
日系自動車販売店を焼き払った中国人と容認した中国政府。
竹島を不法占拠し、天皇への謝罪を要求した韓国。
何故、これらの国と経済的に結びつこうとするのか...
理解できない。

一部企業の利益のために
領土・領海を捨てろというのか

政府・公官庁は一体どこを向いているのだろうか...
ラベル:日記 TTP
posted by まめぞう at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

もやはデモではなくテロだ...

尖閣諸島の国有化後の
中国での抗議デモ...
スーパーのジャスコは襲い外壁のガラス部分、
店内を大破、平和堂も似たような状況...
ホンダ車を扱っていた販売店は放火されて建物の見る影無。

これはデモではなく放火であり器物損壊、もやはテロだ。


これが、
領土問題を抱える隣国と近づいた場合の結果だろう。
中国が過激なのではなく、日本の一部地域を奪い取ろうとする国と
不用意に近づいたらどうなるかを示した結果なのだろう。

人件費が安いから
大きな消費があるからと企業が自社を潤すために進出した結果。


とはいえ
国も一緒になって進めた感がある中国との経済・文化交流。
これらの企業がこうむった損害をどうするのか。
中国が補償する可能性は...ああいう国民性等を考えると...

とりあえず
来年度から、中国に対するODAを廃止したらどうだろうか?
これまで、総額で3兆円を超える額で支援した結果が、これだ。

中国にODA費用を廃止し、その浮いた費用で
今回の中国での破壊行為により被った日系企業の被害を補填し、
中国から生産拠点を移したい企業を支援する。
いつ、在中日本人を盾に取られるか分からないのだから。

こういうことは
中国だけでなく竹島問題を抱える韓国とも起こりえる。

暴徒の映像は、目を多い。
中国人にとって日本が、
どう映っていたのかをまざまざと見せつけられた。
正直言えば、あれほどの敵意にはショックを隠せない。
ただ、
今回のこと領土、領海問題をかかる国との関わりかたを考える機会になった。
日本の今の平和、平和ボケとも言える平和。
これを守ることも含めて。

そして
日本という国の土地を守ることも含めて。
もし尖閣諸島の土地を中国人が購入していたら...
やはり、建物はともかく土地の所有権・地上権・賃借権、
これは外国籍のものに持たれる危険性をも考える機会になった。



posted by まめぞう at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

竹島問題と韓国との関係

ロンドン五輪中に
韓国大統領が日本領海内に侵入し竹島に上陸した。
そして現天皇に独立運動で亡くなった方への謝罪を求めた。

竹島について
毅然とした対応が必要だと思う。
まず、韓国が土俵に乗ろうが乗らまいが関わりなく国際司法裁判所に提訴する。
日本は平和的に解決したいのに...韓国が不法占拠を国としてやめない状況を
国際社会の場で訴える必要がある。
他国の皇族に謝罪など求めるなどという常軌を逸した韓国の要求など
国際社会の中で広く理解してもらう必要がある。

そのうえで
経済的な関係も希薄化していくことがべきだと思う。
日本にとって影響が希薄なら強引にいくこともできるが
関係性が強化されていればいるほど
難しいことが多くなる。

日韓通貨スワップをまず廃止し
韓国や中国への企業進出の日本の国としての後押しをやめる。

そうしないと
海上保安庁との船舶衝突事件のときのように
厳格に対処しようとしたときに行われた、
レアアースの輸出制限や現地法人の日本人を拘束されたりと
思いもしない方法で不当な圧力をかけてこられることになる。

そもそも領土問題がある国に
安易に足を踏み入れること自体が本来は危険なことで
そんな国に観光とかで行ってしまうこと自体が
平和ボケしているのかもしれない...


隣国なのに寂しい気持ちがするが
隣国だからこそ、領土・領海の問題があり
仲良く手をとってとはいかないのだろうな...


昔、本当に以前は
竹島は、韓国・日本と両方が手を取り
環境保護区にでもして、どちらもが互いに尊重して
資源を開発できたらいいのになぁ〜なんて思った。
だって、竹島を日本領としても韓国の気持ちが収まらないし
独島とされても韓国に対して敵愾心しか残らない。

だけど
これだけいろいろ起きると...もう 無理だね、きっと(;_;)


自分の中に黒い気持ちが湧き出て来るのが分かる。



まずは日本の工場で作られた日本製を買うぞ!!
小さいけど、自分でできる愛国心かなぁ(*^−^*)
というかお仕事がなくなると困るからね。
北欧みたく自国製品を愛せるような気持ちを持ちたいなぁ。
ラベル:竹島 韓国 経済
posted by まめぞう at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

IOC(五輪)と政治問題の排除

インターネットのスポニチのサイトを見ていて驚いた。
それは、3位決定戦のあとの勝った韓国選手が
竹島は韓国領土としたプラカードを持っていたというのだ。

それに対してIOCとFIFAが調査をするというのだ。
『五輪憲章』の第5章には、
五輪に関するあらゆる場所で、
いかなる種類の示威行動、
政治的、宗教的、人種的な宣伝活動も認められない
と定められているそうなのだ。

そしてFIFAも政治的な行動は認めていないらしい。

今回の大会でもサッカーで韓国と対戦したスイス人選手が
ツィッターで「韓国選手は精神的におかしい」という差別的書き込みをして
追放になったりしていると記事にあった。

多くの国が
文化も宗教も何もかもが違う国々の選手が集まって
1つの大会を実施しようとすると
これくらい徹底的に排除しなければ難しい問題になるということを
如実に現しているんだと思う。
国際社会は、
外交は、それくらい綱渡りなのだと
まだまだ不安定なものがたくさんあるのだと思わされる。

韓国人選手が3位決定戦の後に
プラカードを持ち歩いたのだって
本来は韓国に領有権がないことは分かっているからこそ
ああやってアピールして歩くのだろうと思う。
自国のものだったら騒ぎ立てる必要もなく
ましてや侵略する必要もないのだから。

だからこそ
国際大会でああいうことをしたかったのだと思うが、
それは、これだけあらゆる民族、宗教の人々が集まり
平和に武力でなく大会を実施し終わらせることが難しさを
全く理解していなかった行為なのだと思った。


いつか
政治や宗教に寛容な五輪が開けるくらい
世界が世界に寛容な時代が
いつの日か来たらいいなぁって思った。

尖閣諸島で中国に、
竹島問題で韓国に...不快な感情を持っている私が書いても
説得力にかけるかもしれないが

それでも
いつか
そんなことも吹っ飛ばして
いろいろな考えや文化をお互いに許容できる日がきたらと思う。
相手を自分色に染め上げて満足するような社会ではなくて...


スポニチの記事は↓
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/08/12/kiji/K20120812003889370.html?feature=related
ラベル:政治 五輪 社会
posted by まめぞう at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

ボルト!!100mも200mも2連覇☆

今日の朝、
出社前のひと時(^−^)
ウサイン・ボルト選手の200m決勝のVTRが流れました。

いつものゆっくりとした動きなのに
どんどん加速してゆく姿が印象的で
朝から見とれてしまいました。

きっと全然ゆっくりなんてしてないと思うのですが
他の選手と比べると、ひとつひとつの動作が
大きくてゆったりとスムーズに見えて
見ていて楽しくなるんです。

そんな
大好きな走る姿を見て
今朝は気持ちよく仕事に行けました(^−^)
posted by まめぞう at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。